読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シリア空爆・弱い雇用統計、それでも抜けない110円の壁の後ろには誰がいる? FX投資|攻略法

おはようございます、
片田 徹郎(かただ てつろう)です。

dPaaSを元に4/7のポイントを見ていきます。

この日は朝から大混乱です。
米軍によるシリア空爆、
米国雇用統計、
米中首脳会談
とイベントが盛りだくさんで、
大きく上下動した大荒れの動きでした。

実は先ほど
雇用統計ライブトレードイベントが、
僕たちF-Thinktankの
山中先生のオフィスで行われました。

どんなものか少しお話しすると
「かつてインターバンクで
毎日数百億のトレードをしていた山中先生が、
当日の雇用統計を解説し
メンバーがライブでトレードする」
というとんでもない内容になっています。

「雇用統計?ボーナスじゃないですか!」
と言い切る山中先生が見守る中、
45pipsを一瞬で獲得したメンバーも!

しかも本日は数人の
とんでもないゲストが来てくれていました。
その業界では知る人ぞ知る・・・レベルの方々です。

F-Thinktank、興味ないですか?^_^

・・・少し話が逸れましたね。
僕たちはこの空間で何を学んでいるのか?

ひとことで言うとすれば
「雇用統計にもシナリオがあって、
シナリオ通りにトレードすれば問題ない」
という事です。

普段と何ら変わりはありません。
情報を元にテクニカルでトレードをする。
dPaaSを元にテクニカルでトレードをする。
それだけです。

さて、今日のポイントは
強すぎる110.10円付近でしょう。

f:id:fthinktank:20170408000701j:plain



突然の空爆報道でも、
まさかの数値だった雇用統計でも
110円を割るどころか近づく事さえできなかった
リアルマネーの「買い」。

今後もしばらくは意識されるでしょう。

ただし、現状では
大きく上抜けていくこともイメージできません。
その証拠に上値も切り下げています。

もうしばらくは
この111円~110円の攻防が
意識されるかもしれませんね。

今日の米中首脳会談でどんな話が出るのか?
朝鮮半島の地政学的リスクは?
この辺りがポイントになるでしょう。
見極めたいですね。

片田 徹郎(かただ てつろう)でした。

dPaaSファンダメンタル+ダブルボトム=最強の法則? FX投資|攻略法

おはようございます、
塾長の片田 徹郎(かただ てつろう)です。

dPaaSを利用して
4/6の相場のトレードチャンスを探してみましょう。

まずは前日の相場の流れから見てみます。

欧州時間は一時的に下げてきたものの、
次第に下値を切り上げて
3月ADP全米雇用報告で大幅に強い数字が
出たことを受け、一気に値を上げました。

その後、3月米ISM非製造業指数の弱さで
下げたものの、
OMC議事要旨で再び上昇しました。

・・・が一部メンバーの米国株高懸念が伝えられると、
ダウ平均が急落。
合わせてドルが売られるという
非常に荒い動きとなりました。

朝方はいつも同様にその流れを受けて
売り込まれました。
 

本日も
「まとまったビッド」
「ドル円はかなり底堅い」
「そこそこのアマウントのビッド」
という単語からも想像できるように
買い場を探すことになりそうです。

情報を入手したとき、
直近安値周辺で
反転ポイントを探せそうなタイミングでした。


朝方から続いている売り買いの攻防
でしたが、その揉み合いの中で
ドル円は丁度ダブルボトムのタイミングを
見せた時間帯がありました。

今日のポイントは
そこでの買いができたかどうか?
という事に尽きると思います。

かなり攻防時間が長かったので
小さめの時間足では判断が
難しかったかもしれません。

しかしながら、
1時間足で見てみると
ほぼ直近安値辺りからのダブルボトムが
見え隠れしています。

その後、相場は反転していきました。

f:id:fthinktank:20170407015041j:plain



チャートから色々と想像してみてください。

片田 徹郎(かただ てつろう)でした。

節目情報で天底ゲット!少なくても45pips、最大80pips獲得! FX投資|攻略法

おはようございます、
片田 徹郎(かただ てつろう)です。

dPaaSを元に
4/5のトレードチャンスを探ってみましょう。

いつも通り、前日の振り返りからですね。

昨日の欧州時間は
初めこそ東京時間の流れを受けて
売られていましたが、

次第に下値を切り上げる展開になると、
日経先物の上昇、
2月米貿易収支数値の改善、
米国政策の運営不安が若干やわらいだこと
などにより、値を上げてきていました。

dPaaSにもあるように
「底堅く」「下値を確認した」「買い意欲の強い」
相場背景が見えています。

ならば狙うべきは買い場探しですね。
ひたすら押し目を待つことになります。

f:id:fthinktank:20170406010452j:plain



今回、押し目のポイントになったのは節目情報です。
110.635円でも110.543円でも
どちらでも良かったですが、
後者ならばピンポイントで反転しています。

実に含み損一桁マイクロpips。
すごくないですか?

ここが30分・1時間足レベルでの
ダブルボトムの起点となり、
相場は反転していきました。

今日の様に、
ある程度背景がしっかりしていて
売り買いの狙いが定まっていれば、
非常に狙いが絞りやすくなりますね。

やはりdPaaSは外せません。
まだ受け取ってない方は
無料からでも体験してみてください。

僕の言っている事が
少しは理解できるかもしれません。

片田 徹郎(かただ てつろう)でした。
ありがとうございました。

テクニカルから下げ止まりポイントを探ってみる FX投資|攻略法

おはようございます、
塾長の片田 徹郎(かただ てつろう)です。

昨日はdPaaS配信が朝方のみ
という事もありましたので、
今回は少し趣旨を変えて
テクニカル的なお話をしてみます。

まずは前日の振り返りから。

・・・そういえば、ふと思いました。
僕たちはトレードを1つのビジネスとして
考えていこうとしています。

商売に例えるなら、
ドルを安く仕入れて高値で販売している訳です。

あなたが何かを売りたいときに、
その商品の事を良く知らないで
売買できるでしょうか?

家を売りたいのに
その家の設備や仕様、立地などの背景を
知らずに値段ばかり見て売ろうとしている。

テクニカルだけを捏ね繰り回すって
そんな感じなのかなと思います。
改めてdPaaSの存在は大事なんだな
と考えさせられました。

余談でした。

さて、前日は
ダウの下落、フィキシング絡みのドル売り、
ロシアの地下鉄での爆破事件を受けての
リスクオフの流れからのドル売りと、
下げる要素が多く出て、
その通りに大きく下げてしまいました。

本日も売り場を探す事になりそうです。

しかしながら、
ほぼ一方的に下げていき
戻りらしい戻りを捉える事ができず、
中期的な節目付近まで下げてきました。

ここまでくれば、どこで下げ止まるかを
考えた方が面白い気がします。

そこで使えるのが、
フィボナッチのリトレースメントと
エキスパンション。

前回の中期的な上げの
押し目部分からのリトレースメント。

今回の下落のN字波動の着地点。

この2つの要素が重なる地点で本日も反転しています。

 

f:id:fthinktank:20170405070641j:plain



これは完全に結果論ですが、
この視点にdPaaSの節目
やファンダメンタルが加わる事で、
塾長ニュースは考えられています。

ご参考までに。

片田 徹郎(かただ てつろう)でした。

全般様子見の新年度相場もdPaaSで59pips獲得! FX投資|攻略法

おはようございます、
塾長の片田 徹郎(かただ てつろう)です。

4/3のドル円相場のトレードチャンスを
dPaaSから探ってみます。

いつものように前日の振り返りから。
先週末は夜間の日経先物が上昇したことを受け
少し買い戻されましたが、
ダドリーNY連銀総裁の発言で下落、

更に月末のロンドンフィキシングで
期末絡みのまとまった売りが持ち込まれ、
大きく売られる展開となりました。

週明けは期初という事もあり
様子見から始まっています。

111円付近に実需のビッドは集まっている様ですが、
前日の流れを考慮して
本日も売り目線で探していきたいですね。

戻り売りの場所を探してみると、
節目は111.967円とそこそこ離れていました。

そこでリトレースメントを使って
目途を付けてみることにします。

本日の安値と前日の高値の38.2%戻しと、
前日高値とひとつ前の安値の半値戻しが
ほぼ重なっていますのでこの辺りでしたね。

若干の後付けにはなりますが
今日のポイントはここだったと思います。

反発を確認してからでも遅くないくらい
モミモミしてましたが、
キッチリと下落していきました。

ターゲットにはdPaasの節目情報が使えます。
詳しくはチャート図を御覧下さい。

f:id:fthinktank:20170404042107j:plain



今回は節目がキッチリ仕事をしましたね。
前日の下げを支えたのも111.15円の節目、
ターゲットになったのも110.944円の節目。

節目情報だけでも
そこそこトレードができてしまうのですが、
本質はそこにありません。

背景のファンダメンタルがあってのテクニカルです。
両方を活用できないと
生き残る事は出来ないと思います。

退場することなく生き残りたいですね。
そのためにdPaaSは必須ですよ?

片田 徹郎(かただ てつろう)でした。

3月期末相場の思惑は?dPaaSを利用して市場の波を乗りこなす方法 FX投資|攻略法

おはようございます、
片田 徹郎(かただ てつろう)です。

dPaaSを元に
3/31のトレードチャンスを探っていきたいと思います。

まずは昨晩の振り返りから。

昨日の欧州時間は
米国債の金利の低下を受け
111円割れのレベルまで売られましたが、
徐々に下値は切り上がっていました。

そして10-12月期米GDP確定値が
強い数字となり値を上げてきます。

為替関連の報道で一旦は売られますが、
金利の上昇やユーロ売りの影響で重要な節目であった
111.596円を上抜けて上昇しています。

その流れを受けて
朝方から利食い売りで始まっていますが、
dPaaSによれば市場の思惑は買い方向。

f:id:fthinktank:20170401080240j:plain



111.596円を上抜けたこと、
ショートカバーが出やすい状況であること、
3月期末であることで
仲値にかけてドル買い需要がたかまりそうなこと。

これらの要素を踏まえると
まずは仲値までの買いが
今日最初のトレードチャンスでしょうか。

そしてその次は
買いが落ち着く場所からの売り場ですね。

仲値で思いのほか買い上げられて
、少し売りを考えるのは厳しい状況ですが、
やはり期末ですから
どこかで輸出の売りが出てくるはずです。

少し待ってみるべきでしょう。

そして昨日の上昇の127.2%のエクスパンションで
相場は一旦折り返します。

戻しが浅ければ更なる上昇も考えられますが、
38.2%まで戻してきました。
何となくヘッドアンドショルダーを作りそうな流れです。

丁度ここには日足レベルでの38.2%戻しがある場所。
ここを起点に売りで入るシナリオを立てました。

先程の38.2%戻し付近でのファーストエントリー、
ネックライン抜けでの追撃売り、
ネックラインの倍返し付近をターゲットにしたいですね。

そして結果は御覧の通りです。

やはり背景が見えていると
・・・いや、見えていないのによくトレードしていたなと
我ながら恐ろしいですね。

まだまだ市場の思惑が何なのか
見えずにトレードしている人間は多いです。

dPaaSを手に入れて
そんなトレーダーを尻目に一歩抜き出てみませんか?

最後までご覧いただきありがとうございました。
片田 徹郎(かただ てつろう)でした。

迷走するドル円相場、dPaaSで大きな流れを捉えたら後はテクニカルの出番! FX投資|攻略法

おはようございます、
塾長の片田 徹郎(かただ てつろう)です。

今回もdPaaSの情報を元に
3/30のトレードチャンスを探ってみたいと思います。

まずは前日の欧米市場をザックリと見てみましょう。

欧州時間は売りが先行しましたが、
米国株価の回復や主要人物の発言に一喜一憂し、
方向感のない相場となりました。

朝方は111円前半の底堅い動きが確認されています。

f:id:fthinktank:20170331052933j:plain



これが8:21のdPaaS情報。
少しずつ下値も切り上げており、
このdPaaS配信からエントリーするのもありでしょう。

最低でも9:20の「月末に絡む本邦実需勢の買い」
というワードに反応したいですね。

ターゲットは節目の111.32円付近・・・なのですが
ここで無理に入る必要もありません。
あまりリスクリワードがいい
とは言えないトレードになってしまいます。

僕が狙っていたのは昨日もお話した
111.25円付近からの一時的な売り。

短期的には上昇傾向ですので、
ここで待ち構えて売りを狙っていました。

少し勢いが強かったので
実際には111.317円からのエントリーでしたが、
意識されていた節目近辺でのエントリー。

ターゲットは悩んだ末に110.75円近辺にしました。
結局、相場は反転下落し、
悩んでいた直近安値に反応し上昇、
エントリーポイントで撤退しました。

損失は出てないものの
一部利確で利益を確定しておくべきでした。

今回はうまく立ち回れませんでしたが、
相場の大きな流れを捉えて意識できていれば、
利確ポイントも浅めにできますし、
同じ方向でのエントリーチャンスを待つこともできます。

ご存知の通り、
dPaaSではその大きな流れを
ほぼ捉える事が可能です。

方向を意識しているから、
トレードチャンスを待つこともできるのだと思います。

後はいつもお話している通り、
テクニカルを駆使してエントリーポイントを作り上げる、
つまりシナリオを組めばいいのだと思います。

dPaaSを読み解いて相場の流れを掴み、
テクニカルでトレードチャンスを待つ。
これだけで驚くくらい結果が変わってきます。

毎日の繰り返しです。
本当に驚きますよ?

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
片田 徹郎(かただ てつろう)でした。