読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レンジが予想される相場でも指針となるのはやはりdPaaS!  FX投資|攻略法

こんにちは、
片田 徹郎(かただ てつろう)です。

3/24の相場を
いつものようにdPaaSを元に振り返ってみます。

この日のポイントは、
前日に引き続き市場の注目が
「オバマケア代替法案」の行方に
向いていたことでしょう。

f:id:fthinktank:20170327063537j:plain



目先はかなり不透明な状態です。
こんな日は無理にトレードする必要もありませんが、
夜までは大きな動きもないと睨んで
レンジの中での上下を狙うのもありでしょう。

目先の目標とされたのは
110.735と111.308。
この辺りのレンジを目途に
トレードチャンスを探してみましょう。

どちらかと言えば
前日に続き戻り売りの場所を探したいところです。

9:38のdPaasで
「信託銀行から大口の買いが入った」との情報が入り
急激にレジスタンスラインに近づきました。

もし明確に狙うとしたらここでしょう。
反転を確認して
下のサポート辺りまでを目途にすれば
かなりリスクリワードのいいトレードができたと思います。

しかし、何度も言いますが
相場の先行きの不透明さは変わりません。
方向が決まってからでも遅くありませんので、
無理なトレードはなさらないように。

ただし、これだけ相場が楽観的になっているなら
あえて安値の下、簡単には超えてこない辺りに
指値を入れておいて
ギャンブルをするのも面白いかもしれません。

「儲かるトレーダーはいつも逆張り」
という言葉はいつも意識しておきたいですね。

片田 徹郎(かただ てつろう)でした。

オバマケア代替法案の行方は?dPaaSは道筋を照らすサーチライトになる!|FX投資 攻略法

こんにちは、
片田 徹郎(かただ てつろう)です。

今回もdPaaSを元
に3/23の相場を振り返ってみたいと思います。

アメリカでは
オバマケア代替法案の行方が注目されています。

しかしながら、やはり先行きは不透明。
こんな時でもしっかりとdPaaSから
シナリオを組み立てる事ができます。

f:id:fthinktank:20170326073732j:plain



2通目にあるように朝方は昨日の売りで
「ショートカバーが強まって」いて
「買戻しが入りやすい状況」にありました。

これが8:44です。
ここから買いで入るのもありですが、
少し先行きが不透明という事もありますので
戻り売りの場所を探したいところ。

前日からの流れも下落にあり、
ある程度代替法案問題が落ち着くまでは
レンジ内でモミモミするのではないか?
というのが僕の見立てです。

待つなら次の節目の111.596辺りになります。

相場はここで綺麗に反転。
次の目標を探します。
同じ8:44の内容に110.70付近に
実需勢のビッドが並んでいるとの事。
 

直近安値という事もあり
次の目標はここになるでしょうか?

その後この辺りで相場は再び見事に反転。
dPaaSの本領を発揮してくれました。

今日のポイントは、やはりどの方向で狙うか。
僕としてはやはり前日までの下落がありますので、
その流れを受けて売りでアプローチしたいところ。

基本的に逆張り思考ではありますが、
同じ逆張りでもトレンドに沿った逆張りの方が
安全度が高いです。

要はシナリオが組めていてそこまで待てるのか?
待てない人間は「狩られる」運命にあります。

待ち伏せをするには
dPaaSの情報は絶対に欠かせません。
今回はこの辺で。

片田 徹郎(かただ てつろう)でした。ありがとうございました。

dPaaSを読み解けばチャートの向こうの舞台裏が透けて見える!FX投資|攻略法

こんにちは、
片田徹郎(かただ てつろう)です。

3/21の相場を
dPaaSを元に振り返ってみましょう。

本日の東京時間のポイントは
短期筋の動きでしょうか?

朝から何度か短期筋が
下値をトライしている様でした。

実際にポイントとなる
112.50を抜けているにもかかわらず、
思う様に値を下げませんでした。

果たしてここでどんなことがあったのでしょうか。

f:id:fthinktank:20170322012035j:plain


2通目のdPaaSには
「目立った材料がなく
ドル円はなかなかトレードしにくい」
とあります。

その言葉通りに昨晩から朝方にかけて
上がるでもなく下がるでもなく
の状況が続いていました。

その後に短期筋が売り仕掛けてきましたが
「ビッドが引かない」
状況で押し戻されてしまいます。

「どうやら本邦信託からのビッド」が
断続的に入ってきているとのこと。

ここはサラリと流さないで下さい。
材料不足で動きがない相場に短期筋が
波を起こそうとしたにもかかわらず、
押し戻されてしまった。

押し返された短期筋はどう動きますか?
彼らは深追いはしません。
すぐに買い戻してきます。

それ程「あのタイミングでは」
買い意欲が強かったという事です。
恐らくテクニカルしか見ていなければ、
中長期でのトレンド方向への下抜けで
エントリーしているのではないでしょうか?

やられた方もいらっしゃるかもしれませんね?
しかしながら、しっかりとdPaaSを読み解いていれば
ここからショートはなかったはずです。

日経の下げに引きずられ一時割り込んだものの、
結局112.80まで押し戻されてしまいました。

これが情報の威力です。
「あのタイミングでは」
買い場を探すべきだったのです。

買い場を探していれば
112.35~40辺りのフィボゾーン下限で
入れたはずです。

何度か「あのタイミングでは」と書きましたが、
今現在は111円台に突入しています。

買いが全てこなされてしまったのでしょうか、
想像の域は出ませんが
本来のトレンドに回帰していきました。
まさに
「あのタイミング」だったからこそ「買い」だったのです。

今回の一連の流れから言える事は、
テクニカルだけでは流されてしまう可能性があるが、
強力なファンダメンタルを味方につければ、
危険を回避できる確率が格段に上がる。

その武器としてdPaaSは利用できるという事です。
是非ともあなたにも装備して欲しい武器です。

片田徹郎(かただ てつろう)でした。ありがとうございました!

FOMC完全攻略のカギはやはりdPaaS!もう重要指標も怖くない! FX投資|攻略法

こんにちは、
片田徹郎(かただ てつろう)です。

今回の長かったFOMCの期間も
dPaaSで見透かす事ができましたね!
簡単にその辺りのお話をしてみましょう。

f:id:fthinktank:20170320233247p:plain



終わってみれば、
今回はブラックアウト期間が長かった影響で、
「絶好の買い場」が
FOMCより少し前の方になったと思います。

2月末のロンドンフィキシング、
あのポイントが最大の買い場でした。
なぜなら、そこが情報と現実の相場が
一気に差を縮める瞬間だったからです。

そのことを意識しながらもう一度
2月28日のdPaaSを見て頂ければ
明らかに方向が見えてきます。

他にも今回は多くの気づきがありました。
利上げが織り込まれていく過程は、
各要人が揃ってタカ派的な発言をする事で、
混乱を回避しようとする。

保守的なハト派と言われる人物が
革新的なタカ派的な発言をする。
これも「カイリ」ですよね。

利上げが市場に織り込まれると

「誰も明言していないのに」年に4回に増える
のではと思惑だけが先走り、
普通に利上げをしているのに一気に売られました。

これも思惑と現実の「カイリ」です。
そこに意識があれば、FOMC後の下落は
逆指値で待ち伏せ出来たと思います

僕たちはdPaaSを受け取って、読み流さずに
その背景にどんな意味があるのか考えてみる。

そのひと手間で、
どんな大相場でも乗り越える事ができます。

詳しくは動画をご覧ください。

 


FOMC前後、非常に面白い絶好の買いばとは? dPaaS 3:14~16

 


片田徹郎(かただ てつろう)でした。

オプションは磁石?!成功率100%の必勝法とは FX投資|攻略法

こんにちは、
片田 徹郎(かただ てつろう)です。

先週末の相場を
dPaaSをもとに振り返ってみます。

特に3/9は非常にアツい情報が出てきました。
一部、確認セミナーに参加した皆さんとは
共有していますが、
激アツなdPaaS情報飛び出しました。

しかも前日の福岡の確認セミナーで
お話したばかりの情報が、翌日に出てくるとは・・・
僕も少し驚いています。

更に驚くべきことに
100%の確率で同じことが繰り返されています。

まずはこちらのチャートで
イメージしてみてください。

f:id:fthinktank:20170314053438j:plain



そうです。
激アツ情報とは何度もこのブログにも出てくる
オプション情報です。

どういうことかと言うと、
その日のトレンドが
オプションに引き寄せられているという事です。

全てのトレーダーが
オプションに引き寄せられるように行動しています。

まるで磁石の様に。
そう、オプションは磁石そのものなんです。

様々な思惑が
人々をオプションに引き寄せる。

だから僕たちはそれに乗っかるだけで
誰でも簡単に、
しかも確実に利益を手にする事ができてしまいます。

実際に先ほどのチャートをもう一度確認してみましょう。

f:id:fthinktank:20170314053438j:plain



オプション情報のdPaaSが配信されたのは9:19です。
そこからチャートが
オプションを目指してじわじわと近づいていき、
遂にはブレイクしてしまいました。

一言でいうならオプションは狙われやすい。
だから磁石の様にディーラー達を引き寄せてしまうのです。

動画でもこの辺りの解説をしていますので聞いてみてください。


激アツ情報で60pips GET! 雇用統計が利確の嵐!! dPaaS 3:9 10


片田 徹郎(かただ てつろう)でした。

ありがとうございました。

こんにちは、
片田徹郎(かただ てつろう)です。

dPaaSを元に
3月1日の相場を振り返ってみます。

この日は前日の流れを受けて
いかに押し目を拾うか?の1日でした。

僕の見立ては
dPaaSの節目を起点に
まとまったストップロスを目指して進む切り返しを
押し目として捉えることでした。

まだまだ続く上昇相場への追撃買いです。


では前日の流れとは
どういったものだったでしょうか。

f:id:fthinktank:20170312093935j:plain



数多くのドル高要素がある中で、
その思惑とは裏腹に下げていたドル円が、
ロンドンフィキシングをきっかけに
大きく反転上昇した1日でした。

米国の3月利上げの期待から、
しばらくはドル高方向に
相場が進むと思われます。

全てディーパスから読み解ける情報ですよね。

この辺りの背景の思惑が見えていれば、
後は丁寧に押し目を拾うだけです。

ここまで思考が進んできて、
やっとテクニカルの出番です。
多くの人はまずテクニカルから入る。
だから勝てないんです。

相場の思惑、
つまり相場はどの方向に進もうとしているのか。

それをまず掴まないと
勝ち続けるのは非常に難しいと思います。

でもなかなか一般トレーダーではそれができません。

その思惑を僕達一般トレーダーが掴むには
ディーパスはうってつけなんです。

・・・と言いますかこれしかないと思います。
まだ受け取っていない方は
是非とも一度体験してみてください。

あ、もちろんテクニカルも大事です。
でもその話は
シンクタンクメンバーの方だけに共有しますね。

・・・今シンクタンクメンバーになりたい!
そう思いませんでしたか?
いつでもお待ちしております。^  ^

詳しい振り返りは動画の方でどうぞ。


220pips獲得中?! 追撃のポジション取り解説 dPaaS 3:1



片田徹郎(かただ てつろう)でした。

100%の未来予想?!情報があればここまでの予測ができる! FX投資|攻略法

こんにちは、
片田 徹郎(かただ てつろう)です。

2/28の相場をdPaaSから振り返ってみます。

2/28は今まで以上に
dPaaSとMr.Xの凄さを再認識させられました。
僕もまだまだで、
これからもっと進化できるんだなと。

昨日も明らかに
相場の思惑と現実の相場が乖離していました。

f:id:fthinktank:20170306004737j:plain



前日から利上げの思惑が織り込まれつつある中で、
大統領議会演説前での不安感と
月末の仲値以降にフローがほとんどなくなった事で
ドル円は下げていました。


dPaaSからの情報では(理由が良くわからないものの)
ファンダメンタルは
完全にドル買い状態であるにもかかわらず、
ドルがじわじわと売られている。

かなりわかりやすい乖離が見えていましたね。

あとはどこかで止まるきっかけが必要でした。
そのきっかけは、22時過ぎに村松さんが送ってくれた情報、
ロンドンフィキシングです。

通常でしたらフィキシングはドル買いに傾くのですが、
昨日ばかりはインターバンク勢も
フィキシングまではドル売りに傾きそうだという話。
ダウばかりが上げているバランスを取りにいきそうだと。

実際にどうなったか。
フィキシングを境に一気にドル買いに傾きました。

全てがMr.Xの話通りに進んでいったので、
僕もさすがに驚きを隠せません。

詳しくは振り返り動画を聞いてください。


100%未来予想?! Mr,X のヤバすぎる見立て dPaaS 2:28



片田 徹郎(かただ てつろう)でした。