読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dPaaSの本質的な情報だけで相場のイメージが出来る!|FX投資 攻略法

こんにちは、

片田 徹郎(かただ てつろう)です。

 

15日の相場をdPaaSから振り返ってみます。

15日は少し特別なことが起こりましたね。

その辺りを中心にお話してみます。

 

ポイントなるのはやはりdPaaS。

相場の裏側にある本質的な情報がわかっていれば

ここまで相場がイメージできるのかと

今更ながら驚かされます。

 

実際に昨日、どのようなことが相場で起きたのか?

見ていきましょう。

 

 

f:id:fthinktank:20170218115109j:plain

 

 

先日から日足レベルで112.50円のお話はしていました。

覚えていますか?

 

ここには公的資金が入っていて

安値引けしたにもかかわらず

下ひげをつけて反転していきました。

 

あらかじめdpaaSから受け取っていた情報で

このレベルでの相場の動きはイメージできていたと思います。

 

昨日、目を見張るべきはオプション絡みの動き。

14日のdPaaSの情報にあった

オプションデスクからの情報。

 

115円に実に7000本(7000億)もの

ドルコールオプションが設定されているとの情報。

受け取ってましたよね?

 

直前のイエレン議長証言で3月利上げが意識されたため

すこし表面的には意識されていない感じでしたが

17日に行使期限を迎えるため

すぐに対応すべき情報ではあります。

 

その情報を14日の時点で受け取れているはずです。

ならば僕たちのとるべき行動はひとつだけ。

そこで待ち構えることですよね?

 

トランプ大統領の発言、イエレンFRB議長の発言から

完全に上目線の相場でしたが

dPaaSを受け取っていた僕たちならば

そこで待ち伏せできた。

 

これが本質的な情報を受け取っている最大の強みです。

事実だけを確認してトレードをすること。

 

それは正しいですが

本質的な情報を受け取っているならば

相場の先回りができるのです。

 

あなたもdPaaSを受け取って

相場の先回りをしてみませんか?

 

この辺りも含めて動画で確認してくださいね。

 

 


予想通りの114 95反発?!相場の背景が見えると相場が楽しくなる! dPaaS 2:15

 

片田 徹郎(かただ てつろう)でした。

 

必勝の攻略法!オプション情報の攻略はこんなにも簡単 |FX投資 攻略法

こんにちは、

片田 徹郎(かただ てつろう)です。

 

2/14の相場を振り返ってみます。

 

f:id:fthinktank:20170216125332j:plain

 

 

 

2/9に様々な要素から底を付けた感のある相場が、

思惑の通りに上昇していきました。

 

日米首脳会談を終え、一旦調整に入りましたが

昨日のイエレンFRB議長の議長証言でブレイク。

114円を超えて114.50でおさえられました。

 

dPaaSからの情報ではここと115円に

大量のオプションが存在しています。

 

一旦はガンマ売りで114円近辺までの

下げの可能性はありますが、不思議なことに

相場は壁の大きな方に吸い寄せられます。

 

次のターゲットは115円なのかな?

そう思っています。

 

dPaaSのなかでも特にアツいのが

このオプションポジション情報。

必勝法なるものが存在しています。

 

今、「オプション情報攻略マニュアル」

として作成が進んでいます。

 

もし、それを手にする機会があれば

楽しんでいただけるのではないかと思います。

 

そんな中、

僕はユーロドルが面白いのかな?と思っていました。

 

 狭いレンジの収束からのブレイクと

ギリシャ問題などのファンダメンタル的な要素。

 

さて気になる結果は御覧の通りです。

 

f:id:fthinktank:20170216125339j:plain

 

 

詳しい振り返りや展望などもお話していますので

こちらの動画も聞いてくださいね。

 

 


イエレン証言で114円ブレイク?!次に狙うべきポイントとは dPaaS 2:14

 

 

 

片田 徹郎(かただ てつろう)でした。

世界でたった数十名!インターバンクディーラーからの節目情報とは?|FX投資 攻略法

こんにちは、

片田 徹郎(かただ てつろう)です。

 

本日はバレンタインですね。

もらえるのか?もらえないのか?

ドキドキの子供の頃を思い出します。

 

では、2/13の相場を

dPaaS(ディーパス)から振り返ってみましょう。

 

f:id:fthinktank:20170216101716j:plain

 

週明けは予想通りに

つつがなく日米首脳会談を終えたこともあり

窓開け買い気配で始まりました。

 

114円は超えてきたものの

上値が重い状況が続き、

114円ミドルを超えてから下げてきました。

 

そこでキッチリと113.44円で跳ね返され、

113.96円で再び頭を押さえられました。

 

この数字は何だと思いますか?

もう推測がついていると思いますが

 

dPaasSの「節目情報」の

「ディーラーに意識されるライン」です。

 

dPaaSの情報の1つにしかすぎませんが、

dPaaSの情報の中で

最もわかりやすい情報といえます。

 

そもそもdPaaSは元インターバンクディーラーの

MR.XがF-Thinktank(通称シンクタンク)のためだけに

配信してくれている情報です。

 

知っていますか?

インターバンクディーラーって

世界に数十人しかいないらしいです。

 

しかも銀行によって違いはあるものの

2・3か月損失を出してしまうとクビになってしまう

生存競争をかけた世界。

 

そこで20年間生き抜いたMr.X・・・

そんな方が僕たちシンクタンクの為だけに

リアルタイムに情報を配信してくれる。

 

すごくないですか?

 

だからdPaaSの節目はほぼ確実に機能します。

ただし・・・

反発の仕方はその時々で異なります。

 

その節目をどう反発するのか?

ワンタッチで大きく反発するのか?

小さく反応してブレイクしていくのか?

 

それはその時まで誰にもわかりません。

大事なことは、その「力の強さ」をしっかりと確認し

自分のトレードに生かす事だと思います。

 

こんなお話も動画でしていますので

聞いてみてくださいね。

 


初心者でも勝ててしまう方法とは?! dPaaS 2:13

 

片田 徹郎(かただ てつろう)でした。

 

確実に相場で生き残るための必勝法とは?|FX投資 攻略法

こんにちは、

片田 徹郎(かただ てつろう)です。

 

 

突然ですが、僕がこうやってブログや動画で

先日の相場を振り返って解説しているのは

なぜだかわかりますか?

 

もちろん、理由があってやっています。

 

・・・それは、あることに気付いて欲しいから。

 

僕が自分なりに解釈したファンダメンタルを語り、

考え方の1つとして情報発信している理由。

 

 

それは、

シナリオを組んで取引することが

最も重要な必勝法であるからです。

 

これこそが相場で勝ち残るための唯一の方法であり、

何となくわかっているけれどもできていない、

皆がやろうともしない必勝法だから。

 

つまり、相場で生き残るための

方法はファンダメンタル(大きな流れ)を捉えて、

テクニカルで仕掛けるという流れを計画し実行すること。

 

 

ただそれだけなのです。

 

 

このブログや動画はdPaaSを使えば誰でも

シナリオ作りに必要な難しいファンダメンタルを

簡単に捉えることができる。

 

そのことを仲間である皆さんにお伝えしたいし、

自分シナリオが作れるようになって欲しい。

 

 

そのために見るべきポイントを

僕なりの解釈でわかりやすく解説しています。

 

そのことを意識して振り返りを見ていただければ

別の世界の入り口が見えてくる。

一人でもそんな人が増えてくれればと思います。

 

 

 

さて、先日2/10は大きなイベントがありましたね。

日米首脳会談とそのあとのゴルフ外交。

 

f:id:fthinktank:20170215070851j:plain

 

一旦はポジション調整のために売られましたが、

週明けは窓を開けての買い気配。

ほぼほぼ思惑通りの内容でした。

 

 

内容は前回、前々回にお話ししているので

そちらを見て頂ければと思いますが、

情報の乖離(かいり)が見えています。

 

 

 

最近特に思うのですが、

世間一般が知っている情報と

実際の現実との乖離はとても大きくなっている。

 

そんな気がしています。

 

だからこそ僕たちは現実を正しく捉えるために

作られた現実に目を奪われることなく

物事の本質を見据えなければいけない。

 

相場においては特に

思惑だけで動くことが多いので

様々なギャップに注意しておく必要があります。

 

 

例えば、今回の日米首脳会談についいても

事前に伝えられた日本からのお土産

アメリカからの手厚い歓待。

 

いい方向に動く要素しかありませんでしたよね?

にもかかわらずリスクオフで売られていた。

こんなにもわかりやすい乖離は稀でしょう。

 

ファンダメンタルから乖離がみつかれば、

あとはその乖離が収縮する瞬間を

テクニカルで捉えるだけで勝てるようになります。

 

 

自分でシナリオを組み、

自分のロジックでトレードを行い、

間違いなく勝利する。

 

僕自身もまだまだ修行中ですが、

dPaaS(ディーパス)を読み説くことで

本質的なファンダメンタルが見える時があります。

 

そんな時のシナリオは怖いくらいに

ピタッと相場の動きに一致してしまいます。

 

 

シナリオを作るために、

ファンダメンタルを捉え、

テクニカルでタイミングを探る。

 

そのためにdPaaSは必要なのです。

 

なぜなら、

目に見えない相場の本質を探ることができる

数少ないツールの1つなのですから。

 

 

実際に動画でご覧ください。

 

 

 

 

最後までお付き合いいただき

ありがとうございました!

片田 徹郎(かただ てつろう)でした。

 

 

 

 

 

 

根拠を持ってトレードすれば勝てて当たり前!170pips獲得!|FX投資 攻略法

こんにちは、

片田 徹郎(かただ てつろう)です。

 

 

毎回この振り返りを見て

自分のトレードに生かしている方なら、ここ数日は

かなり勝っているのではないでしょうか?

 

 

毎日の振り返りの積み重ねが回り道のようで

実は最短距離を歩いている。

そのことに気付いて下さい。

 

 

では、昨日の振り返りです。

 

 

f:id:fthinktank:20170214022341j:plain

 

 

 

昨日はいくつかのエビデンスを示して

今のポイントがかなりのチャンスであると

解説しました。

 

 

もう一度簡単にお話するなら

情報(ファンダメンタル)を元に現在の相場背景が、

何に反応し、何を理由に動いているのか考えて

 

それを元に今後のシナリオを組み、

テクニカルから証拠を見つけて、

エントリーへのトリガーをひく。

 

それだけで相場は面白いように見えてくるというお話を

しました。

 

 

まず、日米首脳会談を控えての恐怖からの売りと、

会談が成功するであろう推測の間の乖離。

情報における乖離(かいり)があります。

 

 

そして、ディーラーが意識する節目でもあった111.60円付近。

ここには数多くのテクニカル的な証拠がありましたね。

覚えていますか?

 

 

日足レベルでの反転ポイントが今であり、

N波動から推測できる着地点であり、

サイクル的なエネルギーが収束する地点であり、

 

下抜けた三角保ち合いを止めた地点である。

そんな感じの解説をしました。

 

 

更にドルインデックスとドル円の乖離、

米国10年債とドル円の上昇幅の乖離。

 

様々な「根拠」がこのポイントに集まっていたからこそ

この場面でこの値動きがあった。

そう思います。

 

 

今後どのように動いていくのか?

 

どのようなトランプ大統領の発言が

上昇のトリガーになったのか?

高値圏で揉まれて落ちてこない現状。

 

その辺りを考えれば

答えは見えてきます。

 

 

思惑と現実の乖離(情報の乖離)。

これを読み解くことができれば

大きく稼ぐことができるはずです。

 

テクニカルだけでは不十分。

ファンダメンタルだけでも不十分。

双方を上手に組み合わせて相場に向き合ってください。

 

 

ファンダメンタルの本質は

新聞やサイトには転がっていません。

ディーリングルームに溢れているのです。

 

その辺りも含めて動画で確認してくださいね。

 

 

 

 

片田 徹郎(かただ てつろう)でした。

 

情報とテクニカルの融合で相場はここまで見やすくなる!| FX投資 攻略法

こんにちは、

片田 徹郎(かただ てつろう)です。

 

dPaaSから

2017/02/08の相場を振り返ってみます。

 

2/8は情報とテクニカルを意識して

シナリオを作れば

非常に見えやすい相場だったと思います。

 

 

相場は情報(思惑)によって動きます。

そして

テクニカルと合わさっていきます。

 

つまり

 

相場とは裏側のファンダメンタルと

目に見えるテクニカルによって

簡単に読み解けるという事です。

 

 

ただし、気を付けないといけないのは

相場というものはタイムリーに変化する

ものだということです。

 

重要なポイントというものは確かに

存在しますが

それは絶対なものではありません。

 

 

大事なことは

相場が重要なポイントに来た時に

どのように反応するのか?

 

必ず節目で反転するというわけではなく

そのポイントに来た時に数多くの様々な

要素が重なって相場は反応しているのです。

 

 

では昨日の振り返りです。

 

f:id:fthinktank:20170210121211j:plain

 

 

まずはシナリオ作りの為に相場の背景を

dPaaSから読み解いてみましょう。

 

節目情報より意識されるのは

111.60~82円

ここがひとつの重要なポイントです。

 

ここに相場が来た時に

どんな反応をするのか?

 

現在の背景を推測して考えてみると

 

  • 年金からの米国へのインフラ投資
  • 大手企業の米国への投資
  • 大投資家のドル買い

 

これらの要素があるにもかかわらず

週末の日米首脳会談にむけて

トランプ大統領への不安から売られています。

 

 

ここに乖離(かいり)が発生しています。

 

また、ドルインデックスとドル円

米国債金利とドル円

これらの間にも値動きの乖離が見られます。

 

 

実際の値動きは思惑に追随します。

思惑が常に先にトリガーになり

事実が値動きを修正する。

 

思惑の部分を誰よりも早くおさえていれば

相場の先読みができます。

dPaaSは思惑=情報そのものです。

 

詳しくは動画で解説しています。

こちらからどうぞ。

 

 


超簡単な相場の見方?!FX攻略目線で見る絶好の買い場とは dPaaS 2:8

 

片田 徹郎(かただ てつろう)でした。

 

 

 

 

情報のと現実の乖離から導くFX攻略とは? | FX投資 攻略法

こんにちは、

片田 徹郎(かただ てつろう)です。

 

今週、Mr.Xの情報を元に相場を見ていると

面白いものが見えてきています。

 

 

それは、

 

情報と現実の乖離

 

相関性のあるものの相関が崩れる時があることに気付きます。

 

 

つまり

 

特定のタイミングや時間などに相関がズレて

相場の先行きが見える瞬間があります。

 

 

例えば

クロス円の通貨同士、ドル円と日経平均、

ドル円と米国10年債金利の動きのズレなどが見える時。

 

 

この時がまさに仕掛けるチャンス。

明日のナンバーズの結果発表がちらりと見える瞬間です。

 

 

そんな中で特に僕が注目するものは、

人の「思惑」と情報のズレ。

 

 

期待から一気に買われた相場が、

現実を目の当たりにした失望から売られてしまう。

 

恐怖から売られ過ぎたものが、

蓋を開けてみると「大したことなかったね」と買い戻される。

 

 

これが現実と情報の乖離(かいり)であり、

今はそれがすごく起きやすい。

 

例えば、週末の日米両首脳の会談に関して。

様々な期待と恐怖で相場は右往左往しています。

 

今はそんな背景の相場である、

そう思います。

 

 

 さて、振り返りです。

まずは軽く6日から。

 

先日、6日の早朝の相場はその背景が見えていれば、

かなり対処しやすかったと思います。

 

dPaaS情報によれば、

 

「米国ではスーパーボールがキックオフになってお祭り騒ぎとなっており、短期筋も相場どころではないはず。しばらくは本邦実需勢の動きだけになるのではないか」

 

とあります。

 

つまり、売り仕掛ける人間も不在であり、

安値を切ったにも関わらず上昇してしまった。

 

そんな情報もなく、いつものように売り込まれると想定していたならば、

大きくやられていたかもしれません。

 

 

 次に7日。

 

ユーロの売りに引っ張られたこともあり、大きく売られました。

情報によれば「シカゴ筋」の売り仕掛けだったようですね。

 

f:id:fthinktank:20170209112041j:plain

 

 

 日本時間0時を境に一気に売り込まれた相場は、

ある部分でぴたりと止まっています。

 

そこで底堅さを確認した相場は堅調に上げますが、

またある部分でぴたりと止まっています。

 

 

そのある部分・・・それがわかれば天底が見える。

欲しくないですか?

 

 

誰だって欲しいその情報を、

Mr.Xから受け取れるのがdPaaSです。

 

 

詳しくは動画で確認してくださいね。

 

 

 

youtu.be

 

 

片田 徹郎(かただ てつろう)でした。