読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんにちは、
片田徹郎(かただ てつろう)です。

dPaaSを元に
3月1日の相場を振り返ってみます。

この日は前日の流れを受けて
いかに押し目を拾うか?の1日でした。

僕の見立ては
dPaaSの節目を起点に
まとまったストップロスを目指して進む切り返しを
押し目として捉えることでした。

まだまだ続く上昇相場への追撃買いです。


では前日の流れとは
どういったものだったでしょうか。

f:id:fthinktank:20170312093935j:plain



数多くのドル高要素がある中で、
その思惑とは裏腹に下げていたドル円が、
ロンドンフィキシングをきっかけに
大きく反転上昇した1日でした。

米国の3月利上げの期待から、
しばらくはドル高方向に
相場が進むと思われます。

全てディーパスから読み解ける情報ですよね。

この辺りの背景の思惑が見えていれば、
後は丁寧に押し目を拾うだけです。

ここまで思考が進んできて、
やっとテクニカルの出番です。
多くの人はまずテクニカルから入る。
だから勝てないんです。

相場の思惑、
つまり相場はどの方向に進もうとしているのか。

それをまず掴まないと
勝ち続けるのは非常に難しいと思います。

でもなかなか一般トレーダーではそれができません。

その思惑を僕達一般トレーダーが掴むには
ディーパスはうってつけなんです。

・・・と言いますかこれしかないと思います。
まだ受け取っていない方は
是非とも一度体験してみてください。

あ、もちろんテクニカルも大事です。
でもその話は
シンクタンクメンバーの方だけに共有しますね。

・・・今シンクタンクメンバーになりたい!
そう思いませんでしたか?
いつでもお待ちしております。^  ^

詳しい振り返りは動画の方でどうぞ。


220pips獲得中?! 追撃のポジション取り解説 dPaaS 3:1



片田徹郎(かただ てつろう)でした。