読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FOMC完全攻略のカギはやはりdPaaS!もう重要指標も怖くない! FX投資|攻略法

こんにちは、
片田徹郎(かただ てつろう)です。

今回の長かったFOMCの期間も
dPaaSで見透かす事ができましたね!
簡単にその辺りのお話をしてみましょう。

f:id:fthinktank:20170320233247p:plain



終わってみれば、
今回はブラックアウト期間が長かった影響で、
「絶好の買い場」が
FOMCより少し前の方になったと思います。

2月末のロンドンフィキシング、
あのポイントが最大の買い場でした。
なぜなら、そこが情報と現実の相場が
一気に差を縮める瞬間だったからです。

そのことを意識しながらもう一度
2月28日のdPaaSを見て頂ければ
明らかに方向が見えてきます。

他にも今回は多くの気づきがありました。
利上げが織り込まれていく過程は、
各要人が揃ってタカ派的な発言をする事で、
混乱を回避しようとする。

保守的なハト派と言われる人物が
革新的なタカ派的な発言をする。
これも「カイリ」ですよね。

利上げが市場に織り込まれると

「誰も明言していないのに」年に4回に増える
のではと思惑だけが先走り、
普通に利上げをしているのに一気に売られました。

これも思惑と現実の「カイリ」です。
そこに意識があれば、FOMC後の下落は
逆指値で待ち伏せ出来たと思います

僕たちはdPaaSを受け取って、読み流さずに
その背景にどんな意味があるのか考えてみる。

そのひと手間で、
どんな大相場でも乗り越える事ができます。

詳しくは動画をご覧ください。

 


FOMC前後、非常に面白い絶好の買いばとは? dPaaS 3:14~16

 


片田徹郎(かただ てつろう)でした。