読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情報とテクニカルの融合で相場はここまで見やすくなる!| FX投資 攻略法

こんにちは、

片田 徹郎(かただ てつろう)です。

 

dPaaSから

2017/02/08の相場を振り返ってみます。

 

2/8は情報とテクニカルを意識して

シナリオを作れば

非常に見えやすい相場だったと思います。

 

 

相場は情報(思惑)によって動きます。

そして

テクニカルと合わさっていきます。

 

つまり

 

相場とは裏側のファンダメンタルと

目に見えるテクニカルによって

簡単に読み解けるという事です。

 

 

ただし、気を付けないといけないのは

相場というものはタイムリーに変化する

ものだということです。

 

重要なポイントというものは確かに

存在しますが

それは絶対なものではありません。

 

 

大事なことは

相場が重要なポイントに来た時に

どのように反応するのか?

 

必ず節目で反転するというわけではなく

そのポイントに来た時に数多くの様々な

要素が重なって相場は反応しているのです。

 

 

では昨日の振り返りです。

 

f:id:fthinktank:20170210121211j:plain

 

 

まずはシナリオ作りの為に相場の背景を

dPaaSから読み解いてみましょう。

 

節目情報より意識されるのは

111.60~82円

ここがひとつの重要なポイントです。

 

ここに相場が来た時に

どんな反応をするのか?

 

現在の背景を推測して考えてみると

 

  • 年金からの米国へのインフラ投資
  • 大手企業の米国への投資
  • 大投資家のドル買い

 

これらの要素があるにもかかわらず

週末の日米首脳会談にむけて

トランプ大統領への不安から売られています。

 

 

ここに乖離(かいり)が発生しています。

 

また、ドルインデックスとドル円

米国債金利とドル円

これらの間にも値動きの乖離が見られます。

 

 

実際の値動きは思惑に追随します。

思惑が常に先にトリガーになり

事実が値動きを修正する。

 

思惑の部分を誰よりも早くおさえていれば

相場の先読みができます。

dPaaSは思惑=情報そのものです。

 

詳しくは動画で解説しています。

こちらからどうぞ。

 

 


超簡単な相場の見方?!FX攻略目線で見る絶好の買い場とは dPaaS 2:8

 

片田 徹郎(かただ てつろう)でした。